学科・コース

初等芸術教育学科

[めざせる資格]
●幼稚園教諭1種免許状
●小学校教諭1種免許状
●保育士
●社会福祉主事任用
●学芸員
●司書
芸術の魅力を知り、人間性豊かな教員をめざす
芸術表現を学びながらカウンセリングマインドを養う
芸術大学ならではの授業で多彩な芸術表現を身につける
幼稚園・小学校教諭1種免許の資格取得をめざす

初等教育コースで学ぶこと

#
幼稚園教諭、小学校教諭免許状の取得をめざします。「芸術」領域を学ぶことで子どものこころに感動を与えられる想像力と表現力を養います。子どもの教育を実践するだけでなく、確かなコミュニケーション能力を培うことで、子育て支援や関係機関とのコーディネーターとしての役割も担う人材を育成します。

芸術療法コースで学ぶこと

#
幼稚園教諭、小学校教諭免許状の取得をめざしながら、音楽運動療法や描画・造形療法といった芸術療法の基礎を併せて学びます。子どもにたいしての治療的なかかわりだけでなく、高齢者や障がいを持った人々への支援を担う人材を育成します。またアートセラピーやカウンセラーへの進路もめざせます。

学科長からのメッセージ

音楽・美術・療法の知識と技術を持った専門教員の育成をめざします。

#

「教育は人なり」次世代を担う子どもたちの教育には、豊富な知識と豊かな感性を持つ教員が求められています。今年度から、幼稚園、小学校教員免許に加え保育士資格も学科内で取得できるようになりました。幼児期から児童期は、人間の根幹を形成する大切な時期であり、経験や学びが大きく成長に影響を与えます。ハートフルで意欲のある学生の育成をめざします。実践豊富な教員のもと新しい知識や技術を身につけると共に、直接学校園現場や地域に出て子どもとふれあう体験を多く持ちます。社会人としてのルールやマナーも並行して学んでいきます。自らを磨き、切磋琢磨しながら学生生活を送りましょう。

車谷 哲明 【初等芸術教育学科長】
1955年大阪府生まれ。公立小学校教員を経て大阪府教育委員会、大阪狭山市教育委員会で13年間指導主事として指導行政を担当。府内2校で小学校長を務める。専門は、造形活動、図画工作科指導法。特に、陶土を使った造形活動の研究を進め、大阪府内はもとより全国で指導助言や講演を行なう。現在も、幼稚園や小学校の授業研究や実技指導、講演に多く関わる。一般ならびに障がい者の陶芸教室を主宰する。造形素材の活用実践集「子どものアート」を現在執筆中。

教員紹介

教員一覧(五十音順)

奥原 光 教授
本学科の音楽関連授業科目の充実度は特筆すべきものがあります。子どもの感性に触れるには音楽は大切なコンテンツです。音楽で最も重要なことはまず音楽に親しむことであり、自ら音を出す楽しさは自然と聴く人に伝わり大きな共感を得ることが出来ます。音楽を楽しく表現できるスキルを一緒に磨きましょう。
#
大阪芸術大学附属4園 合同音楽会風景