学科・コース

音楽学科

[めざせる資格]
●中学校/高等学校教諭1種免許状(音楽)
●学芸員
●司書
日本の大学通信教育部で唯一の
「音楽学科」教員免許の取得に多くの実績
音や映像を交えたWEB学習システムにより実践的に学ぶ
感性を育み、創造活動に導くデジタル・ミュージックを学ぶ
鑑賞用から生活環境まで「音」の可能性を幅広く追究

音楽学科で学ぶこと

#
クラシック音楽
クラシック音楽には先人たちの歴史と英知が秘められています。ルネサンス、バロック、古典派、ロマン派などの名作に学びながら、楽節構造など基礎的な形式・理論や和声の機能などについて理解を深めます。その後実際に旋律作曲を通じ、ピアノ独奏曲、歌曲、室内楽曲などの創作に取り組みます。
#
コンピュータ音楽
科学技術の発展と共に大きく変化しつつある音楽の世界。その可能性を探るため、コンピュータソフトや電子楽器、デジタル音響機器など最新のテクノロジーを用いた作品制作・編曲の方法を学びます。また、自らもデジタル・オーディオによるオリジナル曲を創作。新しい音楽形態を追究します。
#
ポピュラー音楽
作品制作は、コード進行や、楽器法、ボイシング理論などの学習を通して、さまざまな作編曲技術を学び、コンピュータに打ち込んでサウンドとして確認していきます。また、ジャケットやプロモ・ヴィデオなどビジュアルも含めた「発信」を総合的に理解し、人と音楽の関係性を考察します。

学科長からのメッセージ

アーティスト活動から作曲、
プロデュースまで、最前線の音楽制作を熟知

#

プロフェッショナルとして生きることは、音楽への責任はもちろん、経済的責任、社会的責任も大きく伴ってくるということです。大学生活中は音楽そのものに没頭できる人生最後のリハーサル期間。大いに楽しんで、たくさんの失敗をしてください。その経験が、今後最前線で戦っていける知恵と勇気を必ず与えてくれるはずです。

高田 耕至 【音楽学科長】
作曲家、音楽プロデューサー。
ソウルエミッション取締役、元ビクターミュージックアーツプロデューサー。
2003年、音楽ユニットVitarise(ビタライズ)でデビュー。
TBS「スーパーサッカー」、フジテレビ「F1グランプリ~Truth~RESONANCE-T MIX」、NHK総合テレビ「NHK海外ネットワーク」など各種テーマ曲も多数制作。

教員紹介

教員一覧(五十音順)

田中 久美子 教授
作曲で肝心なことは、正しい「音」を表現することです。楽器の演奏経験がある方は勿論のこと、初心者の方も音楽の基礎を学べばメロディが書けるようになります。第一線で活躍する作曲家たちから正しい作曲法を修得し、自分の好む楽器を用いて魅力ある楽曲が作れることを探求します。
#
2014年に世界初演の

新作オペラ「扇の的」<作曲>

#
2014年にフランスでリリースCD「ALLIANCE」のトランペット協奏曲「スコルピオン」<作曲・プロデュース>