学科・コース

音楽学科

在学生・卒業生の紹介

在学生
インタビュー

多彩な音楽に触れ、音楽世界の奥深さを知りました。
幅広い音楽の魅力を伝えられる指導者をめざします。

音楽学科 一文字 真由美さん[北海道在住]

ピアノ講師としての指導力向上をめざして
ピアノ教室を開設して1年。生徒にもっとピアノを好きになってもらいたくて、指導者としての幅を広げるための勉強がしたいと考えるように。教室運営と子育てを両立しながら学べる学校を探していたら、全国で唯一、通信教育で音楽が学べる大阪芸術大学を発見。クラシックからポピュラー、コンピュータ音楽まで幅広く学べるところに魅力を感じて入学を決心しました。
多彩な専門家から得られる幅広い学び
理論的に音楽を学修した経験のない私にとって、多彩な音楽分野の専門家から知識が得られるスクーリングは、どれも新鮮な刺激を受ける授業ばかり。慣れ親しんだクラシック音楽も理論を知ることで、曲の構成を読み解くなど新たな視点を得られました。学修内容だけでなく、先生方の指導法から学べることが多く、指導者としても成長できる機会を与えてもらっています。
大学で知った、音楽の奥深さを生徒に伝えたい
日本の古典音楽やコンピュータ音楽など、授業を通じてこれまで私が触れてこなかった音楽を知り、音楽という世界の奥深さに気づきました。それぞれの音楽分野についてもっと深く探究していきたいという意欲が高まっていきます。これらの学びから得た新たな音楽の力を生かし、生徒たちに幅広い音楽の魅力を伝えられる指導者になることがこれからの目標です。

#

#

卒業生
インタビュー

授業を通じて曲作りの楽しさを実感。
卒業後、作曲のコンテストに入賞しました

音楽学科卒業生 田島 眞理さん[東京都在住]

#

まさに自分の望み通りの学校
会社員としての仕事を辞めずに済む通信制で、3年次編入でき、音楽を専門的に学べるところを探した結果、大阪芸術大学に辿り着きました。「まさに自分の望み通りの学校!」と大変嬉しく感じたことを覚えています。私には“思い立ったら即行動”“何とかなるだろう”と楽観的なところがあり、入学してから取得しなければならない単位等々の多さを知り唖然としました(笑)。でもいま振り返ってとても有意義な時間を過ごせたと思っています。
卒業後には作曲コンクールで入選
入学以前、即興演奏をすることは多かったのですが、ひとつの曲として完成させる、楽譜に残す、といったことを特に意識してこなかったため、自作曲といえるものが殆どありませんでした。しかし、作曲の授業で課題の自作曲を完成させるたびに、曲作りが楽しくなってきました。その延長で、卒業後に「TIAA全日本作曲家コンクール」および「小田原賞作曲コンクール」に挑戦したところ共に入選でき、改めてそのきっかけを作ってくれた大阪芸大に大変感謝しています。
真剣さと気楽さをバランス良く保ちましょう
通信制は、自由に学習を進めることができる半面、少しの環境の変化で学習意欲が大きく左右されやすいところがあります。ですから「計画通りの期間で終了しよう」という目標達成の気持ちと、「やむを得なければ期間を延長しよう」という気楽な気持ち、この二つのバランスを保つことをお勧めします。私は専門の学習分野以外にも視野が広がりましたし、卒業後の現在も交流のある、まさに親友と呼べる方々にスクーリングで出会えたことは生涯の宝物となりました。

#

#