メッセージ

学校法人 塚本学院 大阪芸術大学 理事長・学長・学院長 名誉文学博士 塚本 邦彦

人生の大きな転機を迎えた時に、
自ら「変わろう」とする、その熱い思いが、
美しい未来を約束してくれるのです。

学校法人 塚本学院 大阪芸術大学
理事長・学長・学院長・名誉文学博士
塚本 邦彦

人生において、誰でも必ず大きな転機というものがあります。
それは自分の意思によってもたらされる場合もあれば、そうではなくて外部要因が転機となる場合もあります。
しかし私は、内部からであれ外部からであれ、その機会を自ら捉え、「変わろう」という積極的な意思によって自分の変化を選び取った人こそ立派であり、人生の達人であろうかと思います。
変化は自分で掴み取るものであり、それは美しい未来を約束してくれます。
そしてそれは芸術作品の成り立ちと表現への過程にも言えることです。
例えば茶事に使う茶碗。
鉄分が多く黒々と縮みしろの大きい備前、重く鈍い鉄色の丹波、明るい火色の常滑、淡いねずみ地色の瀬戸。
これらの陶磁器は高温での長時間の焼成に耐えて、美しく変化した土の姿です。それらに心動かされるのは、焼成によって自らを変化させた土の意思のようなものが感じ取れるからでしょうか。
茶器にたとえると、通信教育システムはこの変化をもたらす窯であり、焼成という学びの過程を通過することによって未来へと自らを大きく美しく変化させることができます。
もし、みなさんが自分を変えようと思うなら、本学の通信教育システムは充分にその手助けをすることができると私は確信しています。
自らの意思でもって本学通信教育部に学び、あなたの未来を変えてください。
私たちはそのための如何なる助力も惜しみません。
本学大阪芸術大学グループ通信教育部には、芸術活動から教員養成・資格取得を目指す学生達が、4年制大学、3年制及び2年制短期大学で学んでいます。

ページの先頭へ

大阪芸術大学通信教育部長 芸術学部写真学科長 織作 峰子

自らの視野を広げ
新たな可能性を見出そうとするみなさんを
私たち教員が全力で支えます。

大阪芸術大学通信教育部長
芸術学部 写真学科長/教授
織作 峰子

人は誰でも人生のうちの数年間、集中して何かを学ぶ時期があると思います。
多くの場合、それは「大学時代」だと思いますが、決して10代から20代にかけての時期に限られるわけではありません。学ぶ目標をいつ見つけるか、学ぼうとする意思をいつ固くするかは、人それぞれに異なって当然です。そして、どの年代の方であろうと、その学ぶ意欲に応え学修を支えるために、本学は通信教育部を設けています。
その特長の1つは、創作の基礎に重きを置いていることです。例えば写真学科で言えば、今では古いと思われがちなアナログ技術の学修にも時間を割いています。
デジタル技術が進歩しシャッターを押せばそこそこきれいな写真が撮れるようになりましたが、何でも機械まかせにしていると、何かトラブルがあったとき、自分で原因を探り対処することができません。しかし基本的な原理や技術を知っていれば、次の手を打つことができます。したがって基礎を学ぶことは重要であり、これはどの学科にも共通することです。
本学の教員はみな、こうした基礎から最前線の動向にまで深い見識を持っています。スクーリングにおいては、教科書には書いていないような新しい視点や発想、技術などについて直接指導を受けることができます。
そして総合芸術大学であるがゆえに、自分が所属する学科だけでなく、他の学科の専門科目を学ぶ機会があります。
ぜひ本学の通信教育部で視野を広げ、創造の可能性を広げてください。

ページの先頭へ