デザイン学科

デザインの最前線の動向を知り、その技法を修得

基礎からメディア展開まで、クリエイターとしての即戦力を養成 業界最先端で活躍するデザイナーが揃う教授陣 CGやWEBなどあらゆるデザイン・ワークが実践できる設備を完備

めざせる資格

  • ●中学校/高等学校教諭 1種免許状(美術)
  • ●学芸員
  • ●司書

デザイン学科で学ぶこと

デザイン学科で学ぶこと

ビジュアルデザイン基礎実習

以下の3点を体系立てて学ぶことで、デザインの世界を広げ、深めます。
Ⅰ) 商品開発におけるブランドのあり方と、そのロゴ・パッケージデザイン。
Ⅱ) 精密描写(デッサン)の技術を磨いた上で デジタルデザインへ表現を拡大。
Ⅲ) 「文字」のデザインを学びロゴタイプなどへの応用を実践。

ビジュアルデザイン演習

マーケティングコミュニケーションにおけるデザインの役割を理解するために、業態開発の試みからビジュアルアイデンティティ計画を立案し制作する。

セルフプロモーション

伝えるデザインの典型としての広告を学び、制作へのインテリジェンスを鍛える。「広告の流し手」、「受け手」、「広告する対象」、「手段である媒体」、「広告の目的」の理解を深めながら実践的なスキルを修得し、その集大成として、作品制作で自身を最大限に表現する。

学科長からのメッセージ

デザインの手法や考え方と“あなたらしさ”を探求。

デザインの手法や考え方と
“あなたらしさ”を探求。

今、社会ではあらゆる分野で「デザインシンキング」、つまりデザイナー視点で考えることか求められています。デザインするためには、常に明確な目的を持つことが必要です。そして、その目的に向かって道筋を立て、“あなたらしい”オリジナリティあふれる発想で表現する力も。それを成し得たとき初めて、人々に驚きや共感を与え、生活や社会によい変化を与えることができるのです。デザイン学科では、テザインの手法や考え方はもちろん、“あなたらしさ”も見つけ出していきます。

高橋 善丸【デザイン学科長】

タイポグラフィを主軸としながら上質で効果的なコミュニケーションテザインを探求。国内外で企画展、講演、審査員等に取り組み、受賞や著書も多数。広告丸主宰。
www.kokokumaru.com

教員紹介

教員一覧(五十音順)

  • 伊賀 幸雄
  • 江尻 幹子
  • 大里 浩二
  • 太田 明仁
  • 大平 弘
  • 大村 忠久
  • 奥田 一明
  • 木下 芳博
  • 木村 正彦
  • 駒原 稔子
  • 平沢 卓
  • 宮本 知
  • 森 和弘
  • 山本 猛

宮本 知 教授

デザイン学習のKeyポイントは好奇心と探究心です。トレンドや流行に敏感に旺盛な好奇心を持つことです。例えば、新商品と出会ったとき、あるいはその広告を見たとき、自分ならどうする、こうしたらどうかと(CMイメージやネーミングロゴ・パッケージなど)シミュレーションする思考習慣を身につけることです。

「扇町ミュージアムスクエアー」の企画・デザイン
「扇町ミュージアムスクエアー」の企画・デザイン

大平 弘 准教授

イラストレーションに必要な基礎技術とビジュアルデザインの考え方や表現技法を修得し、新聞・雑誌広告、ポスター、パッケージなど各メディアでの実際の展開事例を通して、実践的展開で活かせられるさまざまなデザイン表現とコミュニケーション手法が学べます。

「展覧会告知ポスター2003」
「展覧会告知ポスター2003」
「展覧会用冊子」
「展覧会用冊子」

ページの先頭へ