文芸学科

学生紹介

一つ一つの建築がまちなみをつくりだす
芸大で学び、視野が大きく広がりました。

建築学科 藤永さん

在学生インタビュー

以前からあるものに寄り添う建築

以前から古いまちなみに関心があり、何度かまち歩きの旅に出掛けているうちに、まちづくりに興味をもち、現代建築と伝統的まちなみとの関係についても考えるようになりました。本学で建築を学ぼうと決めたのはフィールドワーク、構造演習、設計実習が柱となったカリキュラムで、実践的な知識と技術が修得できると考えたからです。高橋靗一氏設計の大学キャンパスそのものが建築の教材で、伝統的まちなみ「富田林寺内町」に近いことも後押ししました。学びを通して、現代建築のもつ魅力にも気づいたことで、新たな建築が以前からあるものに寄り添っているかどうか、既存環境との関係を特に意識するようになりました。

建築家の役目とは

卒業設計は古い酒蔵が残る宍粟・山崎町西町地区の再生計画。酒造りの条件から地区の文脈をひも解き、まち全体で酒造りを継承する場をつくる提案です。住む人がいるからこそのまちづくり。建築家の役割は周辺環境を丹念に観察したうえで新たな建築をつくりだすことだと思います。都市計画、意匠、構造、法規…様々な視点からの学びを得て、都市と建築の可能性を見出していきたいと思います。

自分の未来の可能性が広がる

自治体職員として働きながらの学生生活。建築学科は、平・断・立の3種類の図面、模型と完成物が多く大変です。だからこそ、かたちが見えてきたときの達成感があります。建築に関する幅広い知識を得て、まちなみの見え方も大きく変わりました。自分自身の可能性、未来の道筋が広がった手応えを感じています。

建築学科 藤永さん

スクーリング風景

スクーリング風景1

スクーリング風景2

スクーリングの魅力

建築家・高橋靗一氏の表現意欲が活かされた大学キャンパスで、それぞれの目標をもった意欲ある仲間と共に学び、励まし合い、ときに彼らの情熱に大いに刺激を受けています。

ページの先頭へ

建築設計を一生の仕事にするために
働きながら建築士の資格取得をめざしました。

建築学科卒業生 石丸 優子さん[大阪府在住]

卒業生インタビュー

建築学科卒業生 石丸 優子さん[大阪府在住]

建築士の資格、四年制大学の卒業資格が魅力

昼間の建築設計事務所での仕事を続けながら建築士の受験資格をめざそうと、通信制で学ぶことを決めました。本学の建築学科なら、卒業後二年の実務経験で一級建築士の受験資格が得られますし、自宅からスクーリングに無理なく通えます。最終学歴が専門学校だったので大学という場所で学ぶこと自体にも興味があり、四年制大学の卒業資格が得られることも魅力でした。

目標達成で自信がつき、人生を楽しむヒントをもらった

学習は先生に一方的に教わるのではなく自分で問題を見つけて答えを探すということも多く“さすが大学”だと思いました。特に卒業制作では自分にハードルを作って挑んでいくという貴重な経験ができましたね。きちんと計画を立ててやれば実現できるという自信がつきましたし、人生を楽しむヒントをもらったような気がします。

他業種の学生仲間から受けたたくさんの刺激

学生仲間は社会人が多かったので異業種の友人ができ、ときどきはお酒を酌み交わしながら真面目な話もして、とてもいい刺激をもらいました。
私はカレンダーに課題のノルマを書きこんだりして学習のモチベーションを保つ工夫をしていましたが、同じ目標を持つ友人の存在も大きな助けになりました。卒業して得られるものはきっと人生の財産になるので、これから学ぼうと考えている人はぜひ積極的にトライしてください。

建築学科卒業生 石丸 優子さん[大阪府在住]

ページの先頭へ