建築学科

工学部系の設計ではなく芸術性の高い設計を修得

都市・計画系 歴史・意匠系 構造・設備系 3系統の学びで建築を理解 一・二級建築士資格取得を細やかにサポート 現代社会における建築・空間のあり方を考察

めざせる資格

  • ●一級建築士【受験資格・実務経験2年以上】
  • ●二級建築士・木造建築士【受験資格・実務経験 0~2年以上】
  • ●建築施工管理技士【受験資格・要実務経験】
  • ●土木施工管理技士【受験資格・要実務経験】
  • ●建築設備士【受験資格・実務経験2年以上】
  • ●造園施工管理技士【受験資格・要実務経験】
  • ●インテリアプランナー
  • ●学芸員
  • ●司書

建築学科で学ぶこと

本学では実践的な知識と技術を身につけるために「演習」・「実習」・「フィールドワーク」を
柱としたカリキュラムを実施しています。

建築学科で学ぶこと

演習(建築造形演習・建築構造演習・インテリアデザイン演習Ⅰ・Ⅱなど)

構造を力学的な知識として修得するだけでなく、実際に模型を制作し、実験を行うことで見て感じて理解し、さまざまな設計に必要なスキルを身につけます。

実習(建築設計実習Ⅰ〜IV)

自分の思い描いたイメージを図面や模型として具現化させます。実際の設計手順に基づいて完成をめざすことにより、建築の考え方や法規制などを理解していきます。

フィールドワーク(建築演習Ⅰ・Ⅱなど)

現存する建物や記録にある建物の意匠や工法などさまざまな要素を調査。歴史などの背景を知る事で、発想の種を育てます。

学科長からのメッセージ

美しい建築には機能的な必然性がある。

人間と環境の関係を解読し、
機能や意味の豊かな建築を生み出す術を学ぼう。

建築は、雨風をしのぎ、暑さ寒さを調整する、といった「物理的機能」とともに、
同時に目に見えることからイメージや美しさを表現する「記号的機能(意味)」
を持っています。これらの機能・意味を具体的な形態・空間として実現する「機
能的で美しい建築」を創造することによって、人間と環境の好ましい関係をつく
っていくことが、建築デザイナーがはたすべき役割といえます。
とくに今後は、ひとつの建築だけでなく、都市としての美しさを生み出すことの
できる人材が求められます。建築分野と環境デザイン分野、この両輪を学べる大
阪芸大での学びは、将来の大きな力になるでしょう。

門内 輝行【建築学科長】

京都大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院修了。博士(工学)、一級建築士。
東京大学助手、早稲田大学助教授・教授、京都大学大学院教授を経て本学へ。現在、本学教授、京都大学名誉教授、京都市立芸術大学客員教授。建築記号論、デザイン方法論の理論と実践に従事。日本建築学会賞(論文)、キッズデザイン賞(経済産業大臣賞)などを受賞。日本建築学会理事・近畿支部長、京都市美貌風致審議会会長、日本国際賞審査委員会・都市計画分野審査委員等、多数の役職を務める。

教員紹介

教員一覧(五十音順)

  • 一尾 晋示
  • 遠藤 龍司
  • 小笠原 昌敏
  • 奥 佳弥
  • 加治 大輔
  • 川田 秀子
  • 久保 清一
  • 小出 裕子
  • 榊原 節子
  • 新宮 明
  • 末松 利紀
  • 杉本 真一
  • 高橋 章夫
  • 高橋 裕
  • 田口 雅一
  • 長瀬 りか
  • 永松 潤一
  • 橋本 緑郎
  • 林 陽一郎
  • 平松 省二
  • 増岡 照雅
  • 松永 道久
  • 森吉 直剛
  • 山内 靖朗
  • 山形 政昭
  • 山口 陽登
  • 湯浅 孝
  • 吉本 正春

田口 雅一 教授

「建築」は人間生活の全てに関わるので、建築を学ぶには広範囲な知識が必要になります。本学では通学部(芸術学部)と殆ど同じ内容の授業を、独自のカリキュラムで、通学部と同じ多彩な講師陣が教えるシステムを採用しています。通学生と交流が生まれ、お互いに切磋琢磨しあう場面も見受けられます。本学のシステムは、デザインを中心とした幅広い知識が修得でき、将来様々な場での活躍が期待できます。

「日本圧着端子製造株式会社 大阪本社」
「日本圧着端子製造株式会社 大阪本社」
大阪建築コンクール「大阪府知事賞」受賞

山内 靖朗 専任講師

「今市の家Ⅱ」
「今市の家Ⅱ」

本学科で学んでいる学生は、20代から70代までいらっしゃいます。我々スタッフも学生とスクーリングでお目にかかれることをいつも楽しみにしています。また、スクーリングは卒業後の交流を促す出会いの場でもあります。本学科は、face to faceスクーリングに重きを置き確実なスキルアップと充実した大学生活が送れるよう心掛けています。

ページの先頭へ